脳科学の応用例

株式会社脳の学校

トップページ脳研究メニュー>脳科学の応用例

脳科学の応用例

近年、脳科学が広く知られるようになり、脳科学をどのように社会で応用するかということが重要視される時代に移行してきています。 今までは、脳と関連が無いように思われていた分野においても、改めて脳から商品や人の行動、認知活動を見直すことで、 脳情報を活用できる環境が整ってきています。 弊社脳の学校では脳酸素と脳血流を同時に可視化するCOE脳計測技術(国内・国際特許取得済み*)によって、 ハンドフリーな状態で行動中の脳活動など、人の内面活動を容易に精度よく検出することができます。 是非多くの分野の方々にCOE脳計測技術から得た脳情報を応用していただきたいと考えております。
* 特許第4031438号;特許第4625809号

これまでの研究テーマ一例

※ 以下をクリックすると新しいウィンドウが開き、外部サイトに移動します。

「介入の効果を脳反応で検証する」

医療関係者・支援者の方など

一見、外から見ると反応や言葉がなさそうな方であっても、脳から見ると しっかり考えており、支援により意志を示すことができることが少なからずあります。 事故後の脳損傷でも、言葉を自ら発する事だけがコミュニケーションをとる手段では ありません。脳から発せられている情報を用いるのです。脳からの情報を医療関係者や 支援者が共有することによって、さらに細かな介入が可能になっていきます。 実際に、Dr.KatoはCOE脳計測技術を応用して障害児・者のコミュニケーション能力 を改善させる実践をしてきました。 脳信号で装置を動かす研究が進んでおりますが、一人一人の脳の状態に対応した 多様な脳解析ができることもCOE脳計測技術の特徴の一つです

介入の効果を脳反応で検証する

「提示課題に対する脳反応を検出する」

研究者など

読み、書き、ゲーム最中であっても、日頃行っている姿勢のままでハンドフリーで脳計測をすることができます。 漢字を書くという課題を一つとっても、正しい文字と間違った文字とでは、脳は全く異なった反応を示します。 このような事を通じて、より脳を働かせる課題や方法について検討していくことができます。 言葉の学習をモニターすることが可能となり勉強中の脳の様子を観察して、脳からの教育が進められます。

COE計測の様子 脳で漢字書字の学習過程を判別する COEイメージング

「商品の効果を脳反応で検証する」

企業の方など

最近、ニューロマーケティングという言葉が出てきましたが、 これまで、商業分野が最も脳情報を活用されていなかった分野であり、今後期待される領域でもあります。 弊社のニューロマーケティングは、従来のマーケティングにおけるブラックボックスの3⼤要素である、 消費者心理、商品・サービスの脳への作用、広告/PR効果を脳画像(MRI),脳計測(COE), アンケートによる脳個性診断(SRI)などを用いた脳情報から判断し、 脳から考える製品開発のアドバイスをさせていただきます。 ご予算や目的に応じて、コンサルティングも含め、サポートさせていただきます

ニューロマーケティング

******************************************** 

 当社、脳の学校は、病院ではなく、患者様への診療行為は行っていませんが、健常人でも脳の成長を生涯にわたって促し、たとえ病気をかかえた脳であっても、得意な脳番地を探して脳成長の支援をしております。また、すべてを脳からみて生きる価値、新しい人生観を創造し、脳文化の創造と商品開発サービスを事業としています。

********************************************

 | 脳研究メニュー | 脳研究サポート | COE脳計測とは | 脳研究会・講義 |
| 脳研究テキスト | 脳科学の応用例| よくある質問 | 脳研究の相談・受付 |

脳の学校トップページお問合せページ|TEL/FAX 03-3440-0248(9:30-18:00)|