無料ニュースレター

株式会社脳の学校

トップページ脳科学の講座・書籍無料脳科学レター>バックナンバー1

 無料ニュースレター バックナンバー(1)

2008年5月までに発行した無料ニュースレターのバックナンバーです。

※2008年6月から新しくリニューアルしました。詳細はこちら


   バックナンバー(1)

 ・第11号 2007/5/29
 ・第10号 2007/4/23
 ・第 9号 2007/3/14
 ・第 8号 2007/2/7
 ・第 7号 2007/1/10
 ・第 6号 2006/12/4

 バックナンバー(2)はこちら
 現在のニュースレター、お申込はこちら

 

  第11号 2007/5/29

===============<株式会社脳の学校ニュースレター>==============
KATOBRAIN NEWS LETTER 2007/05/29  No.11
===========================================================
◆今月号のトピック◆
「脳トレーニング、脳ライフ」

◇お知らせ◇
【1】 Dr.KATOが雑誌に登場「そろそろ信頼できる“ブレーン”を持ちませんか?」
【2】 脳の学校セミナー第2期開催決定!
【3】 Dr.KATOの講演予定・サイト紹介
【4】 メルマガ配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
===========================================================


=====================◆今月号のトピック◆======================
「脳トレーニング、脳ライフ」

◆◇ 脳を見れば自分がわかる、未来の自分にも期待が持てる ◇◆

「巷にあふれる脳トレーニング系のヒット商品、
そして脳に関する本の数々。
一体いつから日本人はこれほどまでに脳の働きに関心を持ち始めたのだろうか」
(BOBOSより)

雑誌BOBOSの編集者とライターは、素朴な疑問を抱えて
Dr.KATOの脳の学校にやってきました。

働き盛りでホンモノ志向の30~40歳代の男たちは、
幼稚な脳トレブームでは満足しない。
彼らが満足する「脳トレライフ」とは・・・?

脳科学の進歩によって、一生の中で、
私たちは自分の脳を何度も見ることができます。
そしてその都度、自分の脳の変化に驚くことになります。

Dr.KATOが考える「脳トレライフ」の1つの答えがBOBOSに収められています。
インタビューのトピック
・得意な番地、不得意な番地。脳にはそれぞれ番地がある
・ 脳が働くとき、酸素が動くとき
・ 脳でO2が使われるFORCE効果、O2が使われず素通りするWatering効果
・40歳を過ぎても脳のカタチは変わる
・自分なりの脳トレでオンリーワンの脳を育てる

そしてBOBOS世代に贈る決めゼリフは、フォース効果を起こす
「大事なのは“脳○○”トレだった」!!!

「magagine for uppers BOBOS」
5月25日発売(定価500円)、書店で販売中です。

雑誌紹介ページ
http://www.nonogakko.com/information/press.html

===========================================================

========================◇お知らせ◇=========================

【1】 Dr.KATOが雑誌に登場「そろそろ信頼できる“ブレーン”を持ちませんか?」

今回、Dr.KATOに“ホンモノ”の脳トレーニングを伝えたいと
取材にきたのは、雑誌「BOBOS」。

30~40代を対象にした雑誌BOBOSは、
ホンモノを求める世代にメッセージを伝える雑誌です。

「40歳を過ぎても変わり続ける脳と対話する、脳を育てる」と題した
Dr.KATOのインタビューと、脳番地地図のイラストがカラーページで
掲載されています。

5月25日発売(定価500円)、書店で販売中です。
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【2】 脳の学校セミナー第2期開催決定!

○酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ
脳を体験して分りやすく学ぶ「脳の学校セミナー第2期」

「脳番地・酸素脳講座」と「COE実践体験」の2本立てで、
今回は、脳番地ごとの攻略脳ハウシリーズです!
O2が使われるFORCE効果、O2が使われず素通りするWatering効果のなぞが見えてきます。

シリーズ予定
場所:島津製作所 東京支社2階イベントホール(東京神田)
日時:13:00~16:00

6月24日(日) 脳番地・酸素脳の基本1 前頭葉の構造と機能
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ1
7月8日(日)  脳番地・酸素脳の基本2 運動系脳番地
運動系脳番地のCOE計測脳ハウ
8月26日(日) 脳番地・酸素脳の基本3 聴覚・言語系脳番地
聴覚・言語系脳番地のCOE計測脳ハウ
9月2日(日) 脳番地・酸素脳の基本4 前頭葉の成長
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ2
10月14日(日) 脳番地・酸素脳の基本5 視覚系脳番地
視覚系脳番地のCOE計測脳ハウ
11月11日(日) 脳番地・酸素脳の基本6 前頭葉の老化
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ3

参加資格:なし(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費:ご予約 ― 全講座6回 48,000円(学割 42,000円)
前頭葉3回セット 27,000円(学割 22,500円)
各講義1回 10,000円(学割 8,000円)
※前日/当日のお申込はプラス1000円

ご案内 http://www.nonogakko.com/information/seminar.html
お申し込みは、メールinfo@katobrain.comでも受け付けています。

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【3】Dr.KATOの講演予定

○脳講演依頼サイト紹介
Dr.KATOの講演依頼の情報が掲載してありますサイト
あまり資料が出回っていませんので、
何かヒントになればと思います。

http://biz.sbrain.co.jp/keyperson/K-7064.htm
http://biz.sbrain.co.jp/theme/T-22241.htm
http://biz.sbrain.co.jp/theme/T-22277.htm
http://biz.sbrain.co.jp/theme/T-22278.htm

http://www.kouenirai.com/search/detail-200705-2871.html

○6月24日(日)  ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第1回
脳番地・酸素脳の基本1 前頭葉の構造と機能
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ1

場所:島津製作所 東京支社2階イベントホール(東京神田)
日時:13:00~16:00
申込:受付中-info@katobrain.com

○7月1日 10:30-12:00平成19年度いきいき熟年学級
「老化に挑むー酸素を使う体と脳のトレーニング法」
講師 脳の学校代表 加藤俊徳
場所 神奈川県松田町松田町民文化センター

○7月8日(日) ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第2回
脳番地・酸素脳の基本2 運動系脳番地
運動系脳番地のCOE計測脳ハウ

○7月15日 (日) 
平成19年度 福岡教育大学公開講座
脳と教育 特別支援教育への示唆
主催 福岡教育大学 納富研究室
10:00~17:00(12:30-13:30 休憩)

趣旨・目的:発達障害の原因理解に脳の構造や
機能の知識は欠かせません。
近年、新しい画像診断技術の進歩により、
発達障害児の脳の機能の状態が、
かなりわかるようになってきています。

現職教員のかたがたにもわかりやすく、
脳の構造に関する入門知識を講義し、
特別講師として(株)脳の学校の加藤俊徳先生から、
画像診断の最新情報をご紹介いただきます。

受講対象者:学校教員 臨床心理士 福祉施設職員 
大学生 大学院生,他 
受講料 7200円 

開催会場:九州大学医学部 百年講堂
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/100ko-do/



○8月26日(日) ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第3回
脳番地・酸素脳の基本3 聴覚・言語系脳番地
聴覚・言語系脳番地のCOE計測脳ハウ

○9月2日(日)  ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第4回
脳番地・酸素脳の基本4 前頭葉の成長
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ2

○10月14日(日) ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第5回
脳番地・酸素脳の基本5 視覚系脳番地
視覚系脳番地のCOE計測脳ハウ

○11月11日(日) ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第6回
脳番地・酸素脳の基本6 前頭葉の老化
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ3

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【4】メールマガジン配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
★すべてを脳から見て考える新しい最先端脳科学を、
楽しくわかりやすく解説しています!

★2007年5月テーマ
1)脳林学の授業:芋掘りと山芋掘りは、どっちが脳を育てる?
2)短期シリーズ:ペットと脳
3)質問コーナー 最新医学・脳科学情報~脳トレへの素朴な疑問~

★脳科学のススメ「脳の学校だより」は、
毎月8日,18日,28日発行(月額498円)です。

★☆★購読お申込はこちらから★☆★
http://www.nonogakko.com/information/mailmag.html
発行者:加藤俊徳  info@katobrain.com 月額:498円

ご意見・ご希望・ご質問などありましたら、お気軽に下記までご連絡下さい。
info@katobrain.com(件名にニュースレター問合せと必ずお書き下さい!)

============================================================
配信停止はこちらまでご連絡下さい。 info@katobrain.com
============================================================
【発行】株式会社脳の学校 KATOBRAIN Co., Ltd.    
代表取締役 加藤俊徳 ( 医師, 医学博士)
ホームページhttp://www.katobrain.com
 E-mail: info@katobrain.com TEL&FAX : 03(3440)0248
社長ブログ http://nonogakko.air-nifty.com/blog/

※当レターの著作権は脳の学校が有します。無断での転載はお断りします。

 

  第10号 2007/4/23

===============<株式会社脳の学校ニュースレター>==============
KATOBRAIN NEWS LETTER 2007/04/23  No.10
===============================================================
◆今月号のトピック◆
「脳科学の現状と未来に挑戦」

◇お知らせ◇
【1】 Dr.KATOのインタビュー記事「脳科学の現状と未来」 無料配布中
【2】 脳の学校セミナー第2期開催決定!
【3】 Dr.KATOの講演予定
【4】 メルマガ配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
===============================================================


=====================◆今月号のトピック◆======================
「脳科学の現状と未来に挑戦」

◆◇ 医療の枠を超えた脳鑑定のMRI技術 ◇◆

放射線専門誌「Rad Fan」 4月号に掲載されたのは、
「脳科学の現状と未来」。

脳の学校代表の加藤俊徳医師が、その類まれなMRI鑑定力と、
脳科学の現状と未来についてインタビューを受けました。

Rad Fanは、レントゲンやMRI/CTなどを専門とする
放射線科医師のための専門誌ですが、
このインタビューは日本の放射線技術の現状が
存分に語られていますので、
一般の方でも十分、読み応えがある内容になっています。

~医療を抜け出したMRI~
インタビュアの林先生も医師。IVRコンサルタンツ代表であり、
放射線専門医、Interventional Radiology・超音波診断学の
エキスパートでもいらっしゃいます。

医療の中の放射線を抜け出し、脳の成長を確認するための
放射線という全く新しいMRIの方向性を見出した加藤医師の
ビジョンについて、医師同士のシビアな視点で、
MRI鑑定の現在と未来を鋭く斬ります。
MRI鑑定をお考えの方、放射線科医師の方も必見です!

加藤俊徳(脳の学校)
インタビュア:林 信成(IVRコンサルタンツ)

○インタビューの内容
神経放射線学の方向性/超高磁場MRI装置/静脈性下水道効果を検出していたfMRI/MRスペクトロスコピー/脳の学校と脳の病院の違い/脳番地/脳の酸素を測る技術/酸素脳イメージング法/脳画像鑑定の4段階/脳年齢/脳リサーチ/脳ブームの価値/脳を学ぶ脳学者/アスペルガー症候群/自閉症など

紹介ページ
http://www.nonogakko.com/information/press.html

※ご希望の方にはインタビュー記事を無料配布中です。
詳細は以下 ↓↓↓

=============================================================

========================◇お知らせ◇=========================

【1】 Dr.KATOのインタビュー記事「脳科学の現状と未来」 無料配布中

放射線科専門誌であり、店頭では手に入りにくいため、
脳の学校では、特別にRad Fanから承諾を得て、
加藤医師のインタビュー記事全文をPDFにて無料配信しております。

ご希望の方は、以下のページから必要事項をご記入いただき、
お申込ください。(無料)
http://www.nonogakko.com/autores/appli_information.html

紹介ページ
http://www.nonogakko.com/information/press.html
ご応募、お待ちしております!

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【2】 脳の学校セミナー第2期開催決定!

○酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ
脳を体験して分りやすく学ぶ「脳の学校セミナー第2期」

「脳番地・酸素脳講座」と「COE実践体験」の2本立てで、
今回は、脳番地ごとの攻略脳ハウシリーズです!

シリーズ予定
場所:島津製作所 東京支社2階イベントホール(東京神田)
日時:13:00~16:00

6月24日(日) 脳番地・酸素脳の基本1 前頭葉の構造と機能
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ1
7月8日(日)  脳番地・酸素脳の基本2 運動系脳番地
運動系脳番地のCOE計測脳ハウ
8月26日(日) 脳番地・酸素脳の基本3 聴覚・言語系脳番地
聴覚・言語系脳番地のCOE計測脳ハウ
9月2日(日) 脳番地・酸素脳の基本4 前頭葉の成長
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ2
10月14日(日) 脳番地・酸素脳の基本5 視覚系脳番地
視覚系脳番地のCOE計測脳ハウ
11月11日(日) 脳番地・酸素脳の基本6 前頭葉の老化
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ3

参加資格:なし(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費:ご予約 ― 全講座6回 48,000円(学割 42,000円)
前頭葉3回セット 27,000円(学割 22,500円)
各講義1回 10,000円(学割 8,000円)
※前日/当日のお申込はプラス1000円

お申し込みは、メールinfo@katobrain.comでも受け付けています。
近日HPにて公開いたします。

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【3】Dr.KATOの講演予定

○ 5月11日 (日)
慶應義塾大学 藤沢キャンパス 招待講演
脳の形から始まる認知・脳科学論-新技術と進歩する応用脳科学-
一般参加:不可

概要:なぜヒトは、勉強や練習をしないといけないのだろうか?
   それは、脳の形と働きに秘密が隠されている。
   ヒトの脳とサルとの違いは、脳の形である。
   ヒトの脳とコンピュータにも決定的な違いがある。
   今回の講義では、ヒトの脳の形と基本的な脳の働きを、
   最新の脳機能計測方法を使用した脳画像を使って説明する。

○6月24日(日)  ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第1回
脳番地・酸素脳の基本1 前頭葉の構造と機能
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ1

場所:島津製作所 東京支社2階イベントホール(東京神田)
日時:13:00~16:00
申込:受付中-info@katobrain.com

○7月8日(日) ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第2回
脳番地・酸素脳の基本2 運動系脳番地
運動系脳番地のCOE計測脳ハウ

○7月15日 (日) 
平成19年度 福岡教育大学公開講座
脳と教育 特別支援教育への示唆
主催 福岡教育大学 納富研究室
10:00~17:00(12:30-13:30 休憩)

趣旨・目的:発達障害の原因理解に脳の構造や
機能の知識は欠かせません。
近年、新しい画像診断技術の進歩により、
発達障害児の脳の機能の状態が、
かなりわかるようになってきています。

現職教員のかたがたにもわかりやすく、
脳の構造に関する入門知識を講義し、
特別講師として(株)脳の学校の加藤俊徳先生から、
画像診断の最新情報をご紹介いただきます。

受講対象者:学校教員 臨床心理士 福祉施設職員 
大学生 大学院生,他 

開催会場:九州大学医学部 百年講堂
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/100ko-do/
受講料 7200円 


○8月26日(日) ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第3回
脳番地・酸素脳の基本3 聴覚・言語系脳番地
聴覚・言語系脳番地のCOE計測脳ハウ

○9月2日(日)  ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第4回
脳番地・酸素脳の基本4 前頭葉の成長
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ2

○10月14日(日)  ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第5回
脳番地・酸素脳の基本5 視覚系脳番地
視覚系脳番地のCOE計測脳ハウ

○11月11日(日)  ※詳細は【2】を参照
酸素脳講座とCOE実践体験シリーズ 第6回
脳番地・酸素脳の基本6 前頭葉の老化
前頭葉脳番地のCOE計測脳ハウ3

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【4】メールマガジン配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
★すべてを脳から見て考える新しい最先端脳科学を、
楽しくわかりやすく解説しています!

★2007年4月テーマ
1)旅人の脳授業:脳を成長させる旅とは?
2)短期シリーズ:ペットと脳~動物とともに脳を育てる~
3)質問コーナー 最新医学・脳科学情報~脳トレへの素朴な疑問~

★脳科学のススメ「脳の学校だより」は、
毎月8日,18日,28日発行(月額498円)です。

★☆★購読お申込はこちらから★☆★
http://www.nonogakko.com/information/mailmag.html
発行者:加藤俊徳  info@katobrain.com 月額:498円

ご意見・ご希望・ご質問などありましたら、お気軽に下記までご連絡下さい。
info@katobrain.com(件名にニュースレター問合せと必ずお書き下さい!)

============================================================
配信停止はこちらまでご連絡下さい。 info@katobrain.com
============================================================
【発行】株式会社脳の学校 KATOBRAIN Co., Ltd.    
代表取締役 加藤俊徳 ( 医師, 医学博士) ホームページhttp://www.katobrain.com 
E-mail: info@katobrain.com TEL&FAX : 03(3440)0248
社長ブログ http://nonogakko.air-nifty.com/blog/
※当レターの著作権は脳の学校が有します。無断での転載はお断りします。

 

 

  第9号 2007/3/14

===============<株式会社脳の学校ニュースレター>==============
KATOBRAIN NEWS LETTER 2007/03/14  No.9
===============================================================
◆今月号のトピック◆
「酸素脳に関するクイズ&アンケートに答えて、脳の知識を試してみませんか?」

◇お知らせ◇
【1】 脳の学校の「アンチエイジング脳健康外来」予約受付中!
【2】 研究協力募集
※研究応募者は、脳の検査料金の約77万円免除のチャンスがあります。
【3】 Dr.KATOの講演予定
【4】 メルマガ配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
===============================================================


=====================◆今月号のトピック◆======================
「酸素脳に関するクイズ&アンケートに答えて、脳の知識を試してみませんか?」

◆◇クイズの答えは・・・◇◆
当社の脳科学メールマガジン(3月28日号)にてお知らせします。
メルマガ購読者でない方にも、今回クイズにお答えいただければ、
特別に1回分進呈いたします!

脳の学校では、みなさまのご要望にお答えするため、
社会の脳に関するニーズを把握するため、
広くアンケートのご協力をも合わせてお願いしております。

※お答えいただくには、「転送」ボタンを押し、
あて先に「info@katobrain.com」をご記入ください。
メール本文にご記入していただき、そのまま送信してください。
ご応募いただいたメールに、メールマガジンをお届けいたします。

※既にメールマガジンをご購読の皆様も、
この機会に酸素脳クイズにチャレンジしてみてください

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ クイズ編 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
※回答は、これだと思うものを1つ以上選び、カッコの中に○をご記入ください。
◆問題1:私たちは日々、脳の酸素を使って生活しています。
以下の中で、最も運動系脳番地で酸素を使うことはどれだと思いますか?
◇回答1:
・ ( ) パソコンのキーボードを打つ
・ ( ) 電気のスイッチをつける
・ ( ) 1kgのカバンを持つ

◆問題2:おしゃべり系脳番地で酸素消費が少ないものは、どれでしょうか?
◇回答2:
・ ( ) 覚えている短いセリフを喋る
・ ( ) 漢字を書く
・ ( ) 文章を逆さに(下から)言い直す

◆問題3:脳で酸素を使えば使うほど美しくなる美容法があると思いますか?
◇回答3:
・ ( ) はい、あると思います。
・ ( ) いいえ、ないと思います。

◆問題4:次の中で、脳に最も悪影響が出る生活スタイルはどれだと思いますか?
◇回答4:
・ ( ) 歩きダバコを常習的に行う生活スタイル
・ ( ) 誰とも会話をしないで、ぼーっと過ごす引きこもりの生活スタイル
・ ( ) 運動をせずに、テレビやゲームに熱中する生活スタイル

◆問題5:ヒトの脳全体が成長するピークは、何歳頃だと思いますか?
◇回答5:
・ ( ) 3歳
・ ( ) 20歳頃
・ ( ) 45歳頃
・ ( ) 60歳頃

◆問題6:ヒトの脳は、何歳頃から老化の影響が出始めると思いますか?
◇回答6:
・ ( ) 実は、3歳以降は少しずつ老化している
・ ( ) 20歳頃から老化が始まる
・ ( ) 一般的には、40歳頃から老化すると考えられている
・ ( ) 70代以降からやっと老化する

◆問題7:効果的な脳番地の老化防止法だと考えられることは、どれでしょうか?
◇回答7:
・ ( ) 甘いものを欠かさず食べる
・ ( ) 暗算や音読などを毎日やる
・ ( ) 適度な運動を、変化を加えながら継続的に工夫して行う


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ アンケート編 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
※質問2~7は、該当するものには、カッコの中に○をご記入ください。

◆質問1:あなたの年齢と性別をお聞かせください。
◇回答1:年齢( )歳、 性別( )

◆質問2:自分の脳に関して、関心のあることをお選びください。(複数回答可)
◇回答2:
・ ( )最近、物忘れがひどくなるなど、脳の老化が気になっている
・ ( )自分の脳の長所や短所を簡単に知りたい
・ ( )自分の脳の長所を、さらに伸ばすトレーニングをしたい
・ ( )自分の脳の短所を、トレーニングしたい
・ ( )その他(      )

◆質問3:ご家族の脳に関して関心のあることをお選びください。(複数回答可)
◇回答3:
・ ( )最近、物忘れがひどくなるなど、脳の老化が気になっている
・ ( )家族の脳の長所や短所を簡単に知りたい
・ ( )家族の脳の長所を、さらに伸ばすトレーニングをしたい
・ ( )家族の脳の短所を、トレーニングしたい
・ ( )その他(      )

◆質問4:脳について、どんな事を知りたいとお考えですか?(複数回答可)
◇回答4:
・ ( )脳そのものの知識を知りたい
・ ( )脳の健康を保つための知識を知りたい
・ ( )子育てや発達に関する脳の知識を知りたい
・ ( )脳科学などの学問的・専門的な事柄を知りたい
・ ( )その他(      )

◆質問5:脳の塾があったとしたら、あなたは通いたいと思いますか?
◇回答5:
・ ( )ぜひ通いたい
・ ( )時間が合えば、通いたい
・ ( )料金が安ければ、通いたい
・ ( )内容がおもしろければ、通いたい
・ ( )通いたくない
・ ( )その他(      )

◆質問6:普段、どのような手段で情報収集をしますか?(脳に限りません)
◇回答6:
・ ( )本を読んで調べる
・ ( )インターネットで調べる
・ ( )人に聞いて調べる
・ ( )その他(      )

◆質問7:あなたは、脳に関して、どのような手段で情報収集をしたいですか?
◇回答7:
・ ( )本で脳の事を知りたい
・ ( )インターネットやパソコンを使って知りたい
・ ( )人の話を直接聞くことで知りたい
・ ( )その他(      )

◆質問8:脳科学に期待することを、お聞かせください。
◇回答8:※ご自由にお書きください。


◆質問9:今後、脳の学校に期待するサービスが何かあれば、お聞かせ下さい。
◇回答9:※ご自由にお書きください。


※アンケートは、脳の学校の提供サービスの改善や企画などにのみ、
使用させていただきます。
ご協力ありがとうございました。
=============================================================

========================◇お知らせ◇=========================

【1】脳の学校の「アンチエイジング脳健康外来」予約受付中!

日々があっという間に過ぎ去る中で、いかに脳を使って
アンチエイジングに役立てるかが重要な課題になっています。

脳といえば病院にかかるしかなかったのですが、
老化は病気ではありませんから、病気以外の老化所見は
これまでどこに行っても、知ることができませんでした。

しかし、医療を抜け出した脳検査のパイオニア・脳の学校では、
あなたの脳が今、どのくらい老化に挑んでいるのか?を
検査することができます。

アンチエイジング脳健康外来の予約受付を開始しております。
ご相談は、プライベートスペースを確保できる
目黒校にて、ゆったりと落ち着いた中でお伺いさせていただきます。

アンチエイジング脳健康外来では、
記憶に関連する海馬(かいば)脳番地検査を含め、
老化しつつある脳を多面的に評価いたします。

脳教育マンツーマンレッスン、脳番地セミナーの拠点として、
脳の集中講義も予定しています。

その他、脳番地を集中的に酸素脳トレーニングする
マンツーマン脳教室を開始しています。
幼児から大人まで幅広く受け付けています。

平日予約制にて、脳の学校概要説明 無料
まずはご相談ください!
詳しくは、info@katobrain.comまでお問い合わせください。
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【2】研究協力募集(2007年4月~)
研究応募者は、脳の検査料金の約77万円免除のチャンスがあります。

脳教育マンツーマンレッスンの拠点として、目黒校がオープンしました。
開校記念として、2007年3~12月の期間、
難読症の脳研究を重点的に推進し、ご協力いただける方を探しています。

<脳の教室生募集-特別診査※・コーチング枠-> 
過去に読字障害や難読症といわれたことがある方、
現在、学校生活でお困りのお子さんや、社会人の方、
目黒校で脳から見た「読みトレーニング」を実践してみませんか?
(遠方の方でもご相談に応じます)

以下のような方は、お気軽にご相談・ご協力ください。(紹介も受け付けます。)

・頭の回転は速いのに、声を出して読むのは遅かったり、よくつまる
・簡単な漢字なら読めるのに、ひらがなやカタカナを読むのが苦手だ
・国語の時間の朗読が一番嫌いだ
・文字を書いたり、計算したりすることは苦手ではない
・はじめて見る文字や文を読むのが、特に苦手である
・理科や算数は比較的得意なのに、国語が特に苦手である

免除チャンスをお見逃しなく!
※募集期間内限定で,難読症(疑い)の診査後に、
当方規定の基準を満たした方は料金が免除になります。
(MRI脳写真パック・約26万円、COE検査・約48万円、
心理検査等・3万円の、計77万円が免除となります。別途謝礼金もあります)

詳しくは、info@katobrain.comまでお問い合わせください。
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【3】Dr.KATOの講演予定

○3月25日 (日) 午後1時30分~午後3時
場所: 小平市 小平福祉園 体育館

内   容:高齢者領域と脳
題   名:老化に挑むー酸素脳トレーニング法ー
一般参加:不可

○4月15日 (日) 
全日本鍼灸学会東京地方会
19年度研修会にて講演予定

○4月20日 (日) 
日本小児科学会(京都)
題名:広汎性発達障害の脳原因は、海馬回旋遅滞症か?
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【4】メールマガジン配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
★すべてを脳から見て考える新しい最先端脳科学を、
楽しくわかりやすく解説しています!

★2007年3月テーマ
1)旅人の脳授業:脳を成長させる旅とは?
2)短期シリーズ:ペットと脳~動物とともに脳を育てる~
3)質問コーナー 最新医学・脳科学情報~インフルエンザ脳炎~

★脳科学のススメ「脳の学校だより」は、
毎月8日,18日,28日発行(月額498円)です。

★☆★購読お申込はこちらから★☆★
http://www.nonogakko.com/information/mailmag.html
発行者:加藤俊徳  info@katobrain.com 月額:498円

ご意見・ご希望・ご質問などありましたら、お気軽に下記までご連絡下さい。
info@katobrain.com(件名にニュースレター問合せと必ずお書き下さい!)

============================================================
配信停止はこちらまでご連絡下さい。 info@katobrain.com
============================================================
【発行】株式会社脳の学校 KATOBRAIN Co., Ltd.    
代表取締役 加藤俊徳 ( 医師, 医学博士) ホームページhttp://www.katobrain.com 
E-mail: info@katobrain.com TEL&FAX : 03(3440)0248
社長ブログ http://nonogakko.air-nifty.com/blog/

※当レターの著作権は脳の学校が有します。無断での転載はお断りします。

  

 

  第8号 2007/2/7

===============<株式会社脳の学校ニュースレター>==============
KATOBRAIN NEWS LETTER 2007/02/07  No.8
===============================================================
◆今月号のトピック◆
「なぜ脳の形から能力がわかるのか?」

◇お知らせ◇
【1】「脳の記念撮影・アルバム」のプレゼント承ります。
【2】 脳の学校の目黒駅前「脳の教室」が新たに開校します。
【3】 Dr.KATOの講演予定
【4】 メルマガ配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
===============================================================


=====================◆今月号のトピック◆======================
「なぜ脳の形から能力がわかるのか?」

みなさんは、「脳」と聞いたら、脳の何を想像しますか?

脳ブームとも言われる昨今、
私たちは、少しは「脳」を具体的にイメージできるようになったでしょうか?


◆◇「脳」の実体をつかむ!!◇◆

私たちは、一目で瞬時に、AさんとBさんを区別できます。
AさんとBさんの顔が違うから、子どもでも簡単に区別ができるのです。

双子が並んで立ったとき、どちらがどちらか区別がつかないのは、
まさに同じ顔をしているからに他なりません。

単純に考えてみると、もし脳に顔があったら、
その顔の違いを認識することはとても重要です。

なぜなら、あなたの脳と、私の脳が違うものであるということを
証明する第一歩だからです。

◆◇脳の顔、脳の実体、それは「脳の形」◇◆

人の顔には全く同じものがないように、
脳の顔にも、それだけのバリエーションがあるのでしょうか?

MRI(エム・アール・アイ)で撮った写真には、脳の形が写ります。
輪切りにした脳の形が写真に写ります。

しかし、脳は金太郎飴とは違って、
「どこを切っても金太郎」というわけにはいきません。
むしろ、どこを切っても同じ脳の形にはなりません。

脳の実体は、計算するとか、音読するといった、まるで形のない、
ソフトウェアのような感覚を持ってしまいがちです。

しかし、MRIを使えば、脳は形を持った実在として認識することができます。

◆◇北欧の家具より、脳の形!?◇◆

近年、家具といえば北欧!というくらい、北欧デザインの家具が大人気です。
イスなどの有機的な形が、人気の秘密のようです。

イスは、その形によって座り心地が決まります。
形の良いイスなら座りやすく、形の悪いイスは長時間座ることができません。

これはイスの「機能」が、イスの「形」によって決まってしまう例です。

実は、脳の場合はさらに、「形」と「機能」がかなり密接に関わっています。
これは、臓器の中でも珍しいことかもしれません。
だからこそ、これまで脳の形には、あまり注目が集まりませんでした。

しかし、北欧のイスのように、
「あのイス、形がいいね、座ってみたらきっと座り心地もいいわよ」という風に、
脳も、
「あの脳、形がいいね、きっとよく働く脳なんだろう」という風になるわけです。
 

◆◇「脳の記念撮影」 脳の形は、口ほどにものを言う!?◇◆

目は口ほどにものを言う、とよく言いますが、
まさに脳の形は、口ほどにものを言います。

なぜなら、脳は、それぞれ機能を分担していて、
分担が「番地」ごと、つまり場所ごとに異なっており、
さらに成長した番地だけが、ぐんぐん大きく育っていくからです。

例えば、CさんのMRIを見てみると、
話し役担当・・・1番地・・・うーん、あと一歩!
聞き役担当・・・2番地・・・大きく育っている!
(※実際の番号とは異なり、実際の鑑定ももっと精密に行います。)
 
Cさんは、話すより聞き上手だということが、
脳の形にあらわれているわけです。

脳にある50個以上の「脳番地」はすべて、違う役割を担当していますから、
なにが得意な能力で、何が不得意な能力(未発達な能力)だということが、
脳の形から鑑定できるわけです。

では、脳の形は、変えられるのでしょうか?
 
Cさんが鑑定結果を知って「もっと上手に話せるようになろう!」と思いたち、
トレーニングを始めたとします。
 
1年後にもう1度MRIを撮ってみたらどうでしょうか?
もしトレーニング成果があるならば、必ず脳の形は変わり、成長しています。

老化が気になる方、今の自分をもっと知りたい方、
教育方針に悩む保護者の方、
社員の健康管理が気になる経営者の方・・・
一度、MRI鑑定を受けられてはいかがですか?

脳MRIの鑑定案内はこちら↓↓↓
http://www.nonogakko.com/brainlife/mri.html
=============================================================

========================◇お知らせ◇=========================

【1】「脳の記念撮影・アルバム」のプレゼントはいかがですか?

◆◇記念日に共に脳を育てた成長の証として、
「脳アルバム」のプレゼントを承ります◇◆

ご自分や、大切な方の記念日に「脳の記念撮影」をお勧めします。

今の脳の形は、「今」しか写真に残せません!
脳は成長しながら、形を変えていってしまうからです。

成長の記録として、自己教育の資料として、
脳の写真をとって残しておくことをお勧めします。

ご自分の記録として・・・
お誕生日に・・・
還暦のお祝いに・・・
お子様の成長記録として・・・
父の日、母の日に感謝を込めて・・・

プレゼント用に製本・パッケージいたします。
お問い合わせはこちらまで
↓↓↓info@katobrain.com
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【2】脳の学校が目黒駅前に新たに「脳の教室」を開校します。

脳教育マンツーマンレッスン、脳学セミナーの拠点として、
脳の集中講義も予定しています。

<脳の教室生募集-特別診査※・コーチング枠-> 
開校記念として、2007年2~9月の期間、
難読症の脳研究を重点的に推進します。

過去に読字障害や難読症といわれたことがある方、
現在、学校生活でお困りのお子さんや社会人の方、
目黒校で脳から見た「読みトレーニング」を実践してみませんか?
(遠方の方でもご相談に応じます)

以下のような方は、お気軽にご相談ください。
・頭の回転は速いのに、声を出して読むのは遅かったり、よくつまる
・簡単な漢字なら読めるのに、ひらがなやカタカナを読むのが苦手だ
・国語の時間の朗読が一番嫌いだ
・文字を書いたり、計算したりすることは苦手ではない
・はじめて見る文字や文を読むのが、特に苦手である
・理科や算数は比較的得意なのに、国語が特に苦手である

※募集期間内限定で,難読症(疑い)の診査に限り、
研究協力者は料金が免除になります。
詳しくは、info@katobrain.comまでお問い合わせください。


その他、脳番地を集中的に酸素脳トレーニングする
マンツーマン脳教室を開始しています。
幼児から大人まで幅広く受け付けています。
春からの受講生募集!レッスンメニューは、来月号でお知らせいたします。

「脳の教室」
東京都品川区上大崎2-15-19 アイオス目黒駅前511号
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【3】Dr.KATOの講演予定
日   時:3月25日 (日) 午後1時30分~午後3時
場   所: 小平市  小平福祉園 体育館

内   容:高齢者領域と脳
題   名:老化に挑むー酸素脳トレーニング法ー
一般参加:不可
…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………
【4】メールマガジン配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》
★すべてを脳から見て考える新しい最先端脳科学を、
楽しくわかりやすく解説しています!

★2007年2月テーマ
1)旅人の脳授業:脳を成長させる旅とは?
2)脳の学校 公開研究発表会報告
3)質問コーナー 最新医学・脳科学情報

★脳科学のススメ「脳の学校だより」は、
毎月8日,18日,28日発行(月額498円)です。

★☆★購読お申込はこちらから★☆★
http://www.nonogakko.com/information/mailmag.html
発行者:加藤俊徳  info@katobrain.com 月額:498円

ご意見・ご希望・ご質問などありましたら、お気軽に下記までご連絡下さい。
info@katobrain.com(件名にニュースレター問合せと必ずお書き下さい!)

============================================================
配信停止はこちらまでご連絡下さい。 info@katobrain.com
============================================================
【発行】株式会社脳の学校 KATOBRAIN Co., Ltd.    
代表取締役 加藤俊徳 ( 医師, 医学博士) ホームページhttp://www.katobrain.com 
E-mail: info@katobrain.com TEL&FAX : 03(3440)0248
社長ブログ http://nonogakko.air-nifty.com/blog/

※当レターの著作権は脳の学校が有します。無断での転載お断りします。

  第7号 2007/1/10

===============<株式会社脳の学校ニュースレター>=============
KATOBRAIN NEWS LETTER 2007/01/10 No.7
==============================================================
◆今月号のトピック◆
「一億人『脳学者』運動:あなたも脳学者!」

◇お知らせ◇
【1】新年、脳の健康が気になりませんか?脳診査は「脳の学校」へ!
【2】経営者の方、必見☆ あなたの会社を支える脳は大丈夫ですか?
【3】Dr.KATOの講演予定
【4】メルマガ配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》

==============================================================

=====================◆今月号のトピック◆=====================
「一億人『脳学者』運動:あなたも脳学者!」

あけましておめでとうございます。
本年も脳の学校は、皆様の脳の成長・研究をサポートしてまいります。

◆◇2007年「脳ブーム」はどこへ向かうのか?◇◆

昨今、脳年齢や、脳ドリルなどの、脳の健康を銘打った商品開発が盛んです。

自分や家族の健康を保つために、
「脳」の健康と若さを保ち続けたいという願いのあらわれでもあるようです。

しかし、脳の学校にこれまで寄せられてきた依頼のほとんどが、
「巷の子ども騙しの様な、脳ゲームや脳年齢でなく、
もっときちんと自分の脳の状況や、成長のさせ方を知りたい」
というものでした。

◆◇一億人が『脳学者』になる2007年!?◇◆

脳の学校では、脳を学ぶ意志のある人を「脳科学者」に対して、
『脳学者』と呼んでいます。

現在の日本でブームを起こしている脳科学という分野は、
歴史も浅く、未熟な学問領域です。

脳科学者が唱える浅い脳理論よりも、
皆さんが生活の中で、脳を使い、育てる日常にこそ
脳の科学の本質があります。

特別な研究を積んだ人が脳のことを分かるわけではありません。
脳を使いこなしているのは、脳を持つ、私たち一人一人だからです。

◆◇脳の学校は、脳を学ぶ人のための一億人『脳学者』支援運動を展開します◇◆

『学者』という響きは、なんだか取っ付きにくいものがあります。
英語で、学者は、A scholar と言い、科学者は、A scientist,
研究者は A researcherです。

すなわち、学者の正体とは、学びの精神に則り、自らの脳を知り、
脳を育てていく取り組みが『学者』そのものです。

・自分の脳の状態を知る
・自分の興味あるテーマについて脳の働きを知る
・自分の脳を育てていく

そんな日常的な取り組みからお手伝いするのが脳の学校の
一億人『脳学者』プロジェクトです。
もちろん、その取り組みは、仕事を通してでも可能です。

◆◇一億人『脳学者』支援運動のメニュー◇◆
第1弾としてメールマガジン「脳の学校だより」をお勧めします。
日常と脳のつながりを考えるきっかけにしてみてはいかがですか?

ご案内はこちら
↓↓↓
http://www.nonogakko.com/information/mailmag.html

==============================================================

=========================◇お知らせ◇=========================
【1】新年、脳の健康が気になりませんか?脳診査は「脳の学校」へ!

年が明け、さて2007年も元気で頑張ろうと意気込む中、
2007年の運気はどうかしら?仕事運、金銭運、恋愛運、健康運・・・!
占いを目にした人も多いはず。

さて、それでは、新年の脳のお手入れはしましたか?

今年も元気に、さらなる飛躍を願うならば、
脳の健康チェック、さらには脳の学校独自の最先端技術を使った脳診査を
受けてみてはいかがですか?

病院では、「病気があるか無いか」しか、見てくれません。
悪いところがあれば、治してくれるでしょう。
でも明らかな病気が無ければ「帰ってよし!」と言われます。
それが病院の仕事だからです。

では健康な脳は、お手入れしなくていいのか? と言うと、
答えはNo!です。

Oh, NOーーー!!!

健康な脳でも、個性があり、得意なところ、不得意なところ、
色々あります。
自分の脳を知って、2007年も仕事に勉強に励んでみてはいかがですか?

脳診査はこちら↓
http://www.nonogakko.com/brainlife/brainandlife.html

…………………………………………………………………………………
【2】経営者の方、必見☆ あなたの会社を支える脳は大丈夫ですか?

2007年、脳の学校のもう一つの意味と役割は、
1)経営者の方々の、脳の健康の管理サポート
2)企業の脳育成―社員の脳の成長を考えて経営する会社の育成―
であると考えています。

経営者の脳に何かあれば、会社そのものが揺らぎかねません。
経営者の方が、身体の健康管理だけでなく、脳の健康管理にも気を配る時代になりました。

また成人後、多くの時間を過ごす職場が、
社員の脳の健康を害すところであってはなりません。

脳の学校では、経営者の方々との契約システムを設け、
登録者の脳検査・脳の健康管理サポート、
社員の方々への脳育成講義や診査などを請け負うサービスを開始します。

詳細はお問合せ下さい→ info@katobrain.com
(近日、HPに掲載予定)

…………………………………………………………………………………
【3】Dr.KATOの講演予定

●1月23日独立行政法人 国立特殊教育総合研究所主催
 短期研修(特殊教育中堅教員養成研修)
 肢体不自由・病弱教育コース・知的障害教育コース

 講師 加藤俊徳「脳のはたらきとその障害」
 http://www.nise.go.jp/blog/2005/12/18_5.html
(一般参加:不可)

●1月28日 トヨタ技術会「脳科学」体験会(豊田市内)

(株)脳の学校による最新脳科学講義、脳MRI鑑定結果解説、
 COE計測体験会、酸素脳トレーニングなど。
(一般参加:不可)

…………………………………………………………………………………
【4】メールマガジン配信中!
《脳科学のススメ「脳の学校だより」》

★すべてを脳から見て考える新しい最先端脳科学を、
楽しくわかりやすく解説しています!

★2007年1月テーマ
1)旅人の脳授業:脳を成長させる旅とは?「一人旅の記憶はよみがえる」ほか
2)脳の学校 公開研究発表会 報告「新しい脳リハビリ・トレーニング」ほか
3)質問コーナー「脳のことは、まったくの素人ですが、脳を勉強して、
  何か、自分の分野に生かした研究ができるのでしょうか?」

★脳科学のススメ「脳の学校だより」は、毎月8日,18日,28日発行(月額498円)です。

★☆★購読お申込はこちらから★☆★
http://www.nonogakko.com/information/mailmag.html

発行者 :加藤俊徳 info@katobrain.com
月額:498円

==============================================================
ご意見・ご希望・ご質問などありましたら、お気軽に下記までご連絡下さい。
info@katobrain.com(件名にニュースレター問合せと必ずお書き下さい!)

==============================================================
配信停止はこちらまでご連絡下さい。 info@katobrain.com

==============================================================
【発行】株式会社脳の学校 KATOBRAIN Co., Ltd.
    代表取締役 加藤俊徳 ( 医師, 医学博士)
 
ホームページhttp://www.katobrain.com 
E-mail: info@katobrain.com TEL&FAX : 03(3440)0248
社長ブログ http://nonogakko.air-nifty.com/blog/
※当レターの著作権は脳の学校が有します。無断での転載ご遠慮下さい。

  第6号 2006/12/4

=============================<株式会社脳の学校ニュースレター>========================
KATOBRAIN NEWS LETTER 2006/12/4 No.6
=======================================================================================
◆今月号のトピック◆
「酸素ブームより、『酸素脳』ブーム!」

◇お知らせ◇
・Dr.KATOのテレビ出演情報
・脳の学校創立記念~公開研究シンポジウム~ ご聴講募集中!
・今後のDr.KATOの講演予定
・新サービスのご案内 MRIを使った光プローブ計測部位の確認サービス
・メルマガ配信中!《脳科学のススメ「脳の学校だより」》

=======================================================================================

=================================◆今月号のトピックス◆================================
「酸素ブームより、『酸素脳』ブーム!」

酸素について今、注目が集まっています。
これを「酸素ブーム」と呼んで、商業的な展開が行われています。

最近、酸素カプセル・酸素バー・酸素缶など、
一般の人も手軽に利用するようになりました。

濃縮酸素を吸って、どろどろ血がサラサラになる、
ストレス発散になる、眠気が覚める、学習能力があがる・・・
と囁かれている様ですが、本当でしょうか?

2001年、Dr.KATO が原理を発見した光で脳機能を見る技術を使った
「酸素脳機能イメージング (COE, シーオーイー)」が確立しました。

この酸素脳機能イメージングにより、
巷で騒がれている「脳の活性化」という曖昧な表現でなく、
脳が酸素を使って活動をしていることを検出できるようになりました。

脳の酸素の使い方を非侵襲で見られるのは、当社の酸素脳機能イメージング,
シーオーイー(COE)だけです。
みなさんも、ご自分の脳の酸素の使い方を測定しにいらしてください。
「酸素脳体験コース」を行っています。

そして、世の中の酸素ブームについて、
Dr.KATOが日本テレビのインタビューを受けました。
放映予定:12月5日 日本テレビ系「ザ・ワイド」14:00~

酸素脳の議論への参加をお待ちしています。
脳の学校 研究発表会
→ご案内はこちら http://www.nonogakko.com/seminar2006.12.html
========================================================================================

====================================◇お知らせ◇========================================
【1】テレビ出演予定
12月5日 日本テレビ系 14:00~「ザ・ワイド」酸素ブームコーナー

Dr.KATOが酸素ブームのご意見番として、日本テレビのインタビューを受けました。
最近、酸素カプセル・酸素バー・酸素缶などがブームになっています。

本当に濃縮酸素を吸うことが体にいいのか?
運動した後に、酸素供給は、どんな効果があるのか?
Dr.KATOが答えています。
ぜひご覧下さい!

………………………………………………………………………………………………………………
【2】脳の学校創立記念-公開研究シンポジウム-  ご聴講申込募集中!
12月9~10日 10時~

各界の最先端の発表があります。
本当に脳を育てる、脳をトレーニングするのは可能でしょうか?
「脳の活性化」の本当の事実を聞きに、ぜひお越し下さい。

発表テーマ例
認知症・酸素脳トレ・脳教育・アンチエイジング・脳梗塞予備軍・歯科治療・アロマ等

<プログラム一部>
「生活の中の認知障害」高山吉弘(東京大学大学院医学系研究科助教授)
「生活の中の酸素脳トレーニング」加藤俊徳(脳の学校代表取締役)
「酸素脳トレーニングとしての育脳水泳」湯澤義隆 (スイムサークル「アクティブ」代表)
「生活の中の脳教育シンポジウム」
 谷口敬道(国際医療福祉大学助教授)
 村越晶子(NPO法人自殺対策支援センター)
 加藤俊徳(指定発言)
「生活の中のアンチエイジング」遠藤明(えんどう桔梗こどもクリニック院長)
「生活の中の睡眠」福水道郎(都立東部療育センター)
「生活の中の脳梗塞予備軍」秋山武紀(美原記念病院)
「生活の中のことば」窪田三喜夫(成城大学教授)
「歯科治療と脳科学」笠原紳(東北大学)ほか

<参加費>
参加費(2日間) \8,000 
研究発表者半額  \4,000
有料メルマガ会員 \2,000
脳の学校会員・ゴールド会員無料・会員家族割半額

ご案内・お申し込みはこちらから↓↓↓
http://www.nonogakko.com/seminar2006.12.html

メール info@katobrain.com
電話 / FAX 03-3440-0248

オンライン予約→http://www.nonogakko.com/autores/seminar_appli.html

………………………………………………………………………………………………………………
【3】講演予定

12月10日 脳の学校創立記念 基調講演
  題目:生活の中の酸素脳トレーニング
  話題提供:加藤俊徳(医学博士)
http://www.nonogakko.com/seminar2006.12.html

12月21日 慶応義塾大学 招待講演
  題目:「最先端・酸素脳科学が示すアインシュタインと量子力学の世界
      ~生体酸素力学の理論と体験~」
  演者:加藤俊徳(医学博士)

………………………………………………………………………………………………………………
【4】新サービス 光脳計測サポートパック

脳MRIによる光プローブ設定による脳番地の検定サービスを開始いたします。
光を使った脳機能計測、本当はどこを計っているのか、
MRI写真を使って確かめてみませんか?
90分のMRI撮影(東京にて)

NIRSの研究サポート、受託研究、解析サポートなども受け付けております。

詳細はお問い合わせください。
↓↓↓
http://www.nonogakko.com/autores/contact_nonogakko.html

………………………………………………………………………………………………………………
【5】メルマガ配信中!
《脳科学のススメ「脳の学校だより」》

★すべてを脳から見て考える新しい最先端脳科学を、
楽しくわかりやすく解説しています!

★マガジンスタンドを経由しない、自社配信を承っております。
お申込はこちらから↓
http://www.nonogakko.com/autores/maglet_appli.html

脳科学のススメ「脳の学校だより」は、毎月8日、18日、28日発行です。
配信申し込みはこちらから→ http://www.katobrain.com/magagine.html
発行者 :加藤俊徳 info@katobrain.com
月額:498円

======================================================================================
ご意見・ご希望・ご質問などありましたら、お気軽に下記までご連絡下さい。
info@katobrain.com(件名にニュースレター問合と必ずお書き下さい!)

======================================================================================
配信停止はこちらまでご連絡下さい。 info@katobrain.com

======================================================================================
【発行】株式会社脳の学校 KATOBRAIN Co., Ltd.
代表取締役 加藤俊徳 ( 医師, 医学博士)
ホームページhttp://www.katobrain.com 
E-mail: info@katobrain.com TEL&FAX : 03(3440)0248
社長ブログ http://nonogakko.air-nifty.com/blog/
※当レターの著作権は脳の学校が有します。無断での転載ご遠慮下さい。

 

 

トップページ| 

******************************************** 

 当社、脳の学校は、病院ではなく、患者様への診療行為は行っていませんが、健常人でも脳の成長を生涯にわたって促し、たとえ病気をかかえた脳であっても、得意な脳番地を探して脳成長の支援をしております。また、すべてを脳からみて生きる価値、新しい人生観を創造し、脳文化の創造と商品開発サービスを事業としています。

********************************************

お問合せフォーム|TEL/FAX 03-3440-0248(9:30-18:00)|