よくある質問

株式会社脳の学校

トップページ>脳科学の講座・書籍>Dr.KATOの講演・活動>よくある質問

よくある質問

Q1.団体で脳の講演を受けたいのですか?

A:脳の講演の趣旨に応じて、女性向け、社員教育、学術講演などご要望に応じて講演の演題を設定させていただいております。

Q2.脳の講演だけでなく日常に役立つ脳トレの実践もお願いできますか?

A:はい、Dr.KATOの講演、脳診断、脳番地トレーニングを組み合わせた社員教育用のセミナーも行っております。

Q3.受講者が100人に満たないのですが講演をお願いできますか?

A: 数十人のセミナーから1000人以上の規模まで受け付けております。
行っております。ご要望に応じて選択肢がございます。

Q4.1回の講演時間はどのぐらいでしょうか?

A:通常、1回、90分の講演を基本にしております。しかし、50分から80分の場合もあります。遠方でも宿泊、交通費別途で受け付けております。

Q5.定期的に脳科学の一般的な講義や脳スクールの授業を継続して受講したいのですがそのようなサービスはありますでしょうか。

A:はい。ございます。弊社代表の加藤医師だけでなく、加藤の指導を受けている脳科学専門の研究員が脳科学や脳スクールの講義を行っております。

Q6:講義を受けただけではどうも理解できていないように思うのですが、
復習を兼ねて脳番地日記のつけ方、活用法について習得するにはどの書籍をセレクトしたらよろしいでしょうか?

A:「夢をかなえる脳番地日記」は、拙著、「脳はこの1冊で鍛えなさい」(致知出版)と「脳の強化書」(あさ出版)の内容を日々実践できるように作成しています。また、その後に、出版された「絶対ボケない脳を作る7つの実験」(李白社)には、3回目で講義しました記憶力を鍛える7つの実験が詳しく説明されておりますのでご参照ください。 80歳になってもボケない脳を持つ秘訣を是非実践していただきたいです。 この本には、「幹部やリーダーの脳のタイプや判断力の鍛え方 について」、私の講義テープ25分間の無料ダウンロードファイルのサイトが記載されております。

Q7:子どもが勉強をしたくなるようにするにはどうしたらいい?

A: まず、最初から勉強したい子がいたら、むしろ不思議なことだと思います。脳は勉強したいと生まれつき思っているかというとそうではありません。脳は生まれもって、「もっと成長したい」と思っています。ですから伸びたいと思っているのは脳の成長の法則だと考えています。では、「いつから、子どもは勉強をしたい!」と思うのでしょうか?おそらくは、「知りたい!」と思うことからであって、勉強したいのは、知りたいがはじまりだと思います。あるいは、高学年になれば、知りたいより「○、○になりたいから、勉強する。」と言う積極的な考えに変わるかもしれません。母親が前向きに勉強する姿こそ、子どもが後追いして勉強することになるのではと思います。私の母は、勉強する姿をわたしに見せるより、前向きに働く姿を見せ続けてくれました。むしろ勉強の方は、「私は教えられないので、好きなだけやって、結果を気にせずに!」が口癖でした。子どもに勉強させるのは本当に難しい問題です。しかし、拙著、「MRI分析で分かった東大脳になる勉強習慣」(PHP研究所)にも書きましたが、勉強をしたくなるように環境を整えることは今日からでも出来ます。

Q8:定年後の隠居生活は脳に悪いのでしょうか?

A:脳からみたら、脳には定年がありません。人生が終わったとき、脳も任期満了です。 定年は、社会環境で決められた出来事の一つで、生物学的に見た脳の一生とは別のものです。 しかし、環境が脳を創るという見地に立てば、定年後に、自分の脳とどうかかわっていくか 重要な問題になります。60歳が定年ですと95歳まで残り35年あります。65歳では、95まで30年あります。 定年後に、定職につかず年金暮らしの悠々自適な生活は、確かに、働き者には、すばらしい老後の 夢かもしれません。しかし、Dr.KATOは、定年後の隠居生活には、キッパリ「NO」と言いたいです。 会社を辞めて、半年はまあゆっくりしてもいいのではと妥協案を考えます。しかし、それ以上は、脳には要注意だと思います。 ビジネスマンの多くが、20歳代から60歳の約40年間1日最低8時間、多いときには10時間会社の業務に 拘束されて、脳番地を使いこなすことを継続しています。隠居生活が悪い理由は、この40年間、会社に行けば、 それなりに働いていた脳番地の活動が、徐々にさび付いてくるからです。

ページ上部へもどる

お問い合わせフォーム   お申込み

                        

トップページ| 

******************************************** 

 当社、脳の学校は、病院ではなく、患者様への診療行為は行っていませんが、健常人でも脳の成長を生涯にわたって促し、たとえ病気をかかえた脳であっても、得意な野番地を探して脳成長の支援をしております。また、すべてを脳からみて生きる価値、新しい人生観を創造し、脳文化の創造と商品開発サービスを事業としています。

********************************************

 | 最新情報 | Dr.KATOの講演・活動 | 脳科学講座・研究会 | 脳の学校セミナー |
| 脳番地トレーニング | 脳番地トレグッズ | 書籍・DVD | 雑誌掲載情報 |
| 無料脳科学レター | よくある質問 |

脳の学校トップページお問合せページ|TEL/FAX 03-3440-0248(9:30-18:00)|