脳番地とは?

株式会社脳の学校

トップページ>脳からの自己診断>あなたの苦手と得意を決める“脳番地”とは?

脳番地®とは?

脳は、「脳番地®」に分かれて働いています。

脳番地とは同じような働きをする脳細胞の集まりと、その脳細胞を支えている関連部位の総称です。

脳全体では、120の脳番地に分けられますが、脳を理解するために必要な8つの脳番地の系統をご紹介します。この8つの脳番地を理解すれば、脳のことがもっと分かり、日常生活を脳に置き換えて考えやすくなるため、脳を鍛えやすくなります。

8つの脳番地の場所 

 1.思考系脳番地:思考や判断に関係する脳番地
 2.感情系脳番地:感性や社会性に関係する脳番地
 3.伝達系脳番地:話したり伝えることに関係する脳番地
 4.運動系脳番地:体を動かすことに関係する脳番地
 5.聴覚系脳番地:耳で聞くことに関係する脳番地
 6.視覚系脳番地:目で見ることに関係する脳番地
 7.理解系脳番地:物事や言葉を理解するのに関係する脳番地
 8.記憶系脳番地:覚えたり思い出すことに関係する脳番地



脳全体の中で、それぞれの脳番地の位置関係を見てみると、ヒトにおいて最もよく発達したと言われる脳の前方に位置する「前頭葉(ぜんとうよう)」には場所には、思考系脳番地、感情系脳番地、伝達系脳番地、運動系脳番地が分布しています。
すなわち、主に情報を発信する“アウトプット”に関わる働きをする脳番地です。


一方、前頭葉以外の後方に位置する脳の場所には、聴覚系脳番地、視覚系脳番地、理解系脳番地、記憶系脳番地が分布しています。
これらは、主に情報を取り入れて処理をする“インプット”に関わる脳番地です。


後ろの脳で情報を取り入れ、前方の脳で情報をアウトプットする。この前後の脳番地それぞれが、ネットワークでつながり、循環すること私たちは日常生活を送ることが出来ます。

このように、脳番地を知ることによって、右脳・左脳だけでなく、脳の前後の働きも考えた脳の活かし方を実践できるようになっていきます。


実際にDr.KATOは、この8つの脳番地を基本にして、講演や脳トレーニング講座を行っています。
MRIをいた脳の画像診断では、其々の脳番地をさらに詳しく読影し、診断が行われています。



脳は、「脳番地」ごとに成長します。

脳は脳番地ごとに成長します。
脳トレーニングをすれば、脳全体が均一に刺激され、成長する事はありません。

どの脳番地が、どのくらい育っているのかによって、
得意な脳番地か、苦手な脳番地かによって、
その人の秀でた能力や苦手な能力が決まってきます。


脳番地の成長は一生続きます。
得意な脳番地や苦手な脳番地は、日々の生活で変わっていきます

例えば、現役のスポーツ選手の得意な脳番地は運動系脳番地かもしれません。しかし、引退後に解説者となれば、運動をする機会が減り、喋る機会が増えるので、
運動系脳番地よりも、伝達系脳番地が得意になります。

画像:「脳の強化書

私たちの普段の生活でも、どこの脳番地を育てるか意識することで、得意な脳番地をさらに伸ばしたり、苦手な脳番地を成長させることができます

まずは、あなたの得意な脳番地と、苦手な脳番地を知ることが大切です。
どこ脳番地が成長しているのかを簡便に知りたい方には、「脳番地診断SRI」が最適です。

脳番地診断SRIとは?>>

SRIで自分の脳を診断する

【お問合せはこちら】

↑ページトップへ↑

脳番地は、木の枝ぶりのようにアンバランスです。

私たちの脳は球のような形をしていますが、脳番地それぞれの成長はアンバランスなのが普通です。

Dr.KATOは、脳番地の成長を「脳の枝ぶり」として著書に紹介しています。

例えば、
スポーツ選手なら運動系脳番地が突出して伸びていますし、研究者なら知識に関する理解系脳番地が突出して伸びています

得意な脳番地があるということは、突出した脳番地があるので、全体としてはアンバランスになりますが、それは決して悪いことではありません。

得意なことは、何度も繰り返し経験するので、その特定の経験が特定の脳番地を育てているのです。

つまり、自分の得意な脳番地を探し、そこを伸ばし続けることで、人は能力を発揮することが出来ます。脳番地がアンバランスなのは、秀でた脳番地がある証拠です。

反対に、人には必ず苦手なことがありますが、それはその脳番地の成長がまだ未熟だからです。苦手な脳番地は、その脳番地を使う経験が少なく、太陽が当たる時間が少ないので、まだ育ちがゆっくりだと考えて下さい。日々の生活の中で使うことで、次第に伸びてくるので心配はいりません。


どの脳番地から脳トレを始めますか?

生活の中でも、脳を成長させるには意識的に使うことが必要です。

自分の長所を強化したい人、弱点を打破したい人は、
漠然と脳に良いと言われていることをやるだけでなく、脳番地ごとに脳トレをすることで、
理想の脳へと近づけることが出来ます。

脳トレは、どこの脳番地のトレーニングに取り組むかをはっきりさせてから行うことが大切です。

このことは、筋肉トレーニングを考えてみるとよく分かると思います。
二の腕のたるみを引き締めたい! と思ったら、
肘を伸ばす時に使う“上腕三頭筋”という筋肉を鍛える必要があります。
肘を曲げる時に使う“上腕二頭筋”を鍛えても、二の腕のたるみを解消することはできません。

沢山ある脳トレの中から自分に合ったトレーニングを判断することは簡単なことではないと思います。

それは、「自分がどこの脳を鍛えたらよいのか」が明確になっていないからではないでしょうか?

トレーニング始めるあたって“鍛える場所”を把握することで、
一気に自分が優先してやるべき脳トレの内容を絞りこむことができるでしょう。

脳番地診断SRIMRIを使った脳画像診断は、脳トレに取り組みたいと考えている方にとって、
鍛えるべき脳番地を決めるためのツールになります

脳トレに取り組みたいと考えている方は、まず自分の脳番地のどこが得意で、どこが苦手なのかを知ることから始めることをお勧めします。


【お問合せはこちら】


 脳番地診断SRIとは?>>

↑ページトップへ↑

******************************************** 

 脳の学校は、脳の成長を生涯にわたって促し、得意な脳番地を探して脳成長の支援をしております。また、すべてを脳からみて生きる価値、新しい人生観を創造し、脳文化の創造と商品開発サービスを事業としています。

********************************************

| SRI脳番地診断 | SRI診断会 | 脳番地とは? | 脳番地トレーニング講座 | 
お問合せ | お申込み |

TEL/FAX 03-3440-0248(9:30-18:00)|
脳の学校トップページ