脳の学校・
脳番地とは

  1. HOME
  2. 脳の学校・脳番地とは
  3. 脳の学校とは

脳の学校とは

脳の学校とは、いくつになっても脳を成長させるための健康医療事業を行っている会社です。

「脳はいくつになっても成長する」

私たちは、この事実を脳画像研究によって示してきた“唯一の機関”です。
これまで、創業者の加藤俊徳は、日本・米国で胎児から100歳の超高齢者までのべ数万人に
及ぶ脳画像の読影、また、健康な人から重度の障害をもつ人まで様々な方の
脳の機能と成長に関する研究から、脳の成長と老化の仕組みについて確認してきました。
代表 加藤俊徳のプロフィール

脳の学校では、脳を一生元気に保って楽しく生きるために健康脳医療事業を推進しています。
人々の脳の健康に役立つ研究結果や情報を直接社会に伝える産地直送型の脳情報を発信し
普及に努め、新しい人生観や文化を創造することを目指しています。

脳が成長する仕組み

脳が成長する仕組み→脳を診断する・脳を学ぶ・脳を育てる

脳が成長していくためには、「脳を診断し、脳を学び、脳を育てる」、3つのサイクルを
継続することが重要です。そこで、弊社では、一人ひとりの脳を診断し、能力を向上させる
ためのアドバイスやトレーニングの提供・実践、脳を学ぶ機会、商品を提供しております。

  1. 自分の脳を診断し、
    脳を学び、成長する人になる!

    これまで加藤俊徳医師は、1万人以上の脳を診断・治療をしながらし、その脳から人々の生き方を見てきました。そこで気がついたことは、脳がいくつになっても成長する人には共通の特徴があるということです。

    その特徴とは、「自分の脳に対して謙虚である」ということです。はたして、自分の脳に対して謙虚とはどういうことかと言うと、自分を素直に知りたいと思っているということです。不思議なことに、こころの問題で、家に引きこもったり、うつがひどくなったりすると、何でも拒否したり否定することが多くなり、自分の脳を診断して知ることに対しても拒絶することが起ります。一方で、こころの病や悩みがあっても自分の脳を客観的にみて、直視して今の自分を知ろうとする人は、解決の糸口を掴んでいきます。

    これは、苦労しただけ脳が変わっていく姿に重なります。人が苦労するとは、現実を多方面から直視せざるを得ない状況になるということだと理解しています。脳から考えると、切羽詰まった場面で現実を受け入れ、脳を使おうとする人と、しりごみをして現実を受け入れず脳を使おうとしない人の成長の分かれ道です。
    つまり、苦労すればするほど、理解する力が伸びる人は脳が成長するのです。この時に成長する理解系脳番地こそが、新しいヒラメキ、アイデアを生み出す宝庫なのです。

    要するに、最初うまくいかなくても、うまくいかないことがむしろ、理解系脳番地を育てるのです。自分の脳を診断するだけでなく、自分に足りないことに気がつき、そこから、学びと成長があるからです。

    脳から人の個性や性格、長所、短所を診断して、はっきり言えるのは、人と違って個性的な人と感じる人の脳だけが個性的というわけではありません。すべての人の脳は個性的なのです。不思議なことに、脳を見ると個性が形になっているのです。

    脳の形と性格は密接な関係があります。脳が成長して変わった人は、性格も一部変わっているのです。変わった自分に気が付くことができれば良いですが、ほとんどの人は、自分の脳の変化に気が付かないために、自分の性格は以前から同じだと盲信してしまいます。

    苦労を脳の成長に繋げる為には、謙虚に今の自分の脳を知り、自分の脳を変えるすべを学ぶこと。脳の「成長サイクル」を身に着けていると言えるでしょう。
    脳が持つ「成長サイクル」を是非、もっと知りましょう。

脳の健康医療を推進する

健康医療推進

  1. 自分で脳を育てる時代の到来

    加藤俊徳医師が今まで掴んできた単純なメッセージというのは、
    「自分の脳を自分で育てることができる時代に突入している」ということです。

    人は誰でも、自分の脳を育てることができるのです。例え、障害がある脳でも同じです。
    なぜかというと、脳の中には情報が入ります。つまり、その情報を取り込んでいるのは
    一人ひとりの脳なのです。

    ですから、どんな人でも自分で自分の脳を育てていることに間違いありません。
    一人ひとりが脳に必要な情報を受けていくことが、脳を育てていくのです。

  2. 社員の脳が健康で成長する会社であること

    人生100年時代、これからは、会社の役割も大きく変わっていくでしょう。
    例えば、働いている社員がみなうつ病になる、退職した社員がみな認知症になる、
    会社の先輩は、みな太っていて、高血圧、糖尿病。
    このような会社はたとえ収益が良くても優良とは言えないでしょう。
    これからは、社員教育として、会社が社員の「健康脳」を増進していく必要があるでしょう。社員が健康でみな能力が向上すれば、会社の資産価値も増えたことになります。

    これからは脳が成長し健康脳となる、教育や環境を提供が必要です。

    弊社では、経営者の脳の健康管理や社員教育にも積極的な脳コンサルティング事業を
    行っています。詳しくはこちら

  3. 頭は使えば使うほど良くなる! という子育て

    加藤俊徳医師の小学校低学年の成績は優秀だった訳ではなく「2と3」しかありませんでした。

    とにかく国語が苦手で、まともに本が読めたことがありません。
    今脳の専門家となり、分かったことですが、難読症という学習障害があったのです。

    そんな問題を抱えた脳を育ててくれたのが、母の「頭は使えば使うほど良くなる」という言葉でした。母は「勉強しなさい」という代わりに「頭は使えば使うほどよくなる」と耳元で繰り返し囁いたのです。

    その母のおかげで「脳はどうやって使うのか?」と疑問を持ち、小さなころから様々な運動や遊び、勉強を通じで、脳の育て方を自分なりに実践し、今では脳の専門家に至るまでとなりました。

    このように、親の言葉や接し方は子どもの脳に影響をします。子どもが考えるきっかけを与えることや脳の使い方を身に着けるのも、親の影響は大きいです。

    子育てに関する教育は数えきれないほど世界に存在していますが、 我が子にとって良い方法を選ぶには、脳から正しい子育てを知ることです。

    脳には発達の順番があり、年齢ごとに旬が異なること。また個人差で脳が異なること。
    加藤俊徳医師の「脳番地トレーニング」は今伸ばすべき我が子の脳に対し
    適切なトレーニングが行える方法です。

    これからは、正しい脳科学を知り、子育てや教育に役立てていきましょう。

    お子さんの発達障害にお悩みの方はこらち
    教育指導などを知ることができる脳画像診断はこちら

  4. 医療として脳番地トレーニング

    現在の脳の医療は、人の病気を評価し治療をすることはできても、病気以外の健康な脳を評価し成長させる医療は存在していません。

    その理由は、脳を客観的に評価し、脳を成長させる為の方法を確立させていないからです。

    脳が病気やケガで損傷されるのは、脳全体ではなく極一部分で、それ以外の脳は健康な脳、すなわち脳機能を失ったのは一部で、それ以外はきちんと使えば機能させることができる部分なのです。

    加藤俊徳医師は、これまで小児科医としての臨床経験やアメリカでのMRI研究者として長年人の脳と向き合って来ました。そして、脳を育てる医療を確立し診断や治療に活かしてきました。計測装置を用いてこれまで確立されていなかった脳の病気と健康な脳を同時に評価する方法の開発、また健康な脳を育てる為の脳番地トレーニングの指導を実践してきました。

    加藤俊徳医師の脳の評価法

    • 加藤式MRI脳画像診断の開発

      特許技術を用いて、MRI画像から脳の病気と健康な脳の区別及び
      成長バランスの診断を行うことができる技術。

    • fNIRSの発見及び、COEの開発

      脳を光で計測し、酸素交換を計測する技法。
      これにより、どの場所の脳が使われているのか、計測、評価することができる。
      fNIRSの装置は世界約700の研究施設で使用されている。

    • 脳番地診断SRI(問診型脳検査)

      問診に答え脳の個性や能力を脳科学的に分析する特許技術に基づいた評価法。

    • 脳番地トレーニング

      脳を機能別に分け、一人ひとりの脳に合わせた脳を成長させるトレーニングの指導。

    一人ひとりの脳は違うからこそ、脳を正しく評価し、その人の脳に合わせたトレーニングを取り入れることが、「脳を成長させる脳医療」として必要なことなのです。