脳リサーチフォーラム

株式会社脳の学校

トップページ脳を知る>脳リサーチフォーラム2010 

 脳リサーチフォーラム2010

 今年度も脳リサーチフォーラム2010を開催いたしました。
 ご来場の皆様、大変ありがとうございました。

 

BRF2010

 

 総合テーマ:次世代社会と脳

 近年の脳科学への注目は、新しい脳科学への期待を募らせています。脳の学校のテクノロジーは、脳と社会を結ぶインターフェースです。脳研究だけでなく、ビジネスや教育へ、脳科学を活かすノウハウを皆様にお届けいたします。
 


 プログラム

期 日 場所 入場料
第1部 2010年3月7日(日)
  10:30~13:00    
東京国際フォーラム
ホールD1(地図
予約 2000円
当日 3000円
第2部 2010年3月7日(日)
14:00~18:30
予約 5000円
当日 6000円
第3部  2010年3月14日(日)
13:30~17:15
東京グランドホテル
地図
予約 5000円
当日 6000円
懇親会 2010年3月14日(日)
17:30~19:30
予約 5000円
※完全予約制
3/11正午締切
備 考
   先着順です。お早めにお申し込みください。
   予約で満席になった場合、当日券はございません。

  

 

   第1部:次世代ニューロマーケティング-サイエンスが結ぶ脳とビジネス-

 

 3月7日 10:30~13:00

  「ニューロマーケティング概論~技術と展望~」

講演:加藤俊徳(10:30~11:45)

従来のマーケティングは、主に消費者からのレポートを資料としていました。つまり調査対象者が回答する言語情報をベースに展開してきた従来型マーケティングでは、客観性が乏しいことや、言語化されない消費者のニーズを把握する課題がありました。新しいビジネスの可能性を広げる「ニューロマーケティング」をご紹介します。

  「ニューロマーケティング実践
         ~ニューロマーケティングで一体何ができるのか?~」

講演:加藤俊徳(11:45~13:00)

脳は瞬時に酸素を使いながら情報を認識し、快・不快を感じたり、情報の取捨選択を行って、判断・行動を行っています。このような言語化されない脳活動は、潜在的な消費者ニーズや商品効果を左右します。そこで、商品やサービスが脳に与える影響を知り、脳機能情報を顕在化させることで、“脳に効く”商品開発を行ったり、販売戦略に生かすのがニューロマーケティングです。今回はその最先端の脳科学ツールや実際の作業フローを、実演を通してご紹介します。

 

 

   第2部:次世代ニューロサイエンス ―脳科学の応用と展望―

3月7日 14:00~18:30

 

  「脳のはたらきが見える次世代NIRSとCOE」

講演:加藤俊徳(14:00~15:30)

Dr.KATOがNIRS原理を発見してから約20年。脳の働きを知るために数々の装置が誕生しました。その装置を使いこなすためには、どのような工夫が必要で、どうすれば新しい分野へ応用できるのでしょうか?大脳生理学に基づくデータの扱い方と、脳研究の進め方についてレクチャーします。そして次世代NIRSとCOEから分かった驚くべき小宇宙・脳を徹底解剖します。

  公募演題発表 (15:30~18:30)

例年通り、各方面の専門家や企業が行っている脳研究の発表を行います。医療・工学・教育・ビジネスなど、脳科学が応用される分野は様々です。応用脳科学のエッセンスを探り、時代が求めるサイエンスを目指し、発表・討論を行います。

 
 <公募演題(一演題:20~25分)>

 「脳内GABAの非侵襲的測定法の開発と脳機能への応用」

演 者
1)原田雅史、2)久保 均、3)松田 豪
所 属
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部

 「脳と筋肉の脳酸素消費に着目したスポーツ・リハビリ分野への応用」

演 者
岡 徳之
所 属
慶應義塾大学政策・メディア研究科

 「筋疲労課題中における大脳皮質感覚運動野領域のヘモグロビン濃度変化」

演 者
1)岩部達也、2)大西英明、3)椿淳裕、4)久保雅義、5)桐本光
所 属
新潟医療福祉大学大学院 1~4)保健学専攻理学療法分野 5)作業療法学科

 「マウスピース治療による脳性麻痺とダウン症の改善例について」

演 者
萩原秀紀
所 属
㈱自然治癒力活性医学研究所

 「脳酸素消費の定量技術と、脳の言語学習メカニズム」

演 者
吉野加容子
所 属
慶應義塾大学政策・メディア研究科博士課程、 株式会社脳の学校研究員

 ※上記の他、脳活性化の光学シミュレーションの演題が2演題ございます。

 

 

   第3部:次世代教育と脳科学―いくつになっても脳は育つ―

 3月14日(日) 13:30~17:15

  「いくつになっても脳が成長する生活習慣 ―成功者の脳に学ぶ―」

講演:加藤俊徳(13:30~15:00)

<PART-1子どもの脳を育てる勉強習慣>
脳の成長が早い子も、遅い子も、脳が育つ法則は1つ。「脳は自分で育てられる」「東大脳になる勉強習慣」等を執筆したDr.KATOが  ここ日にだけ明かす、「本当に必要な脳の栄養分」をレクチャーします。
<PART-2 大人になっても脳が成長する生活習慣と仕事術>
大人になっても育つ脳の環境とは何か?、脳から見る人材開発とは何か?100歳まで脳を活き活き使う脳ハウと、日々の仕事に役立つ脳科学脳ハウをお届けします!

  「脳番地を育む脳スクール」脳スクール講師による実践レッスン

講師:加藤俊徳ほか(15:05~17:30)

脳は、脳番地ごとに成長します。つまり、脳のトレーニングも脳番地ごとに行うのがベストです。各脳番地のスペシャリストを招いて、誰でもできる目からウロコの脳番地トレーニングをご紹介します。脳を育てるためには欠かせない脳番地を、脳科学に基づくトレーニング法をその道の講師たちがご紹介します。
大人も子どももぜひ会場で一緒にチャレンジしてみましょう!

 
 <脳番地トレーニング・レッスン>

  視覚系脳番地トレーニング(もっと独創的なアイディアがほしい人へ)

講師:脳の学校 加藤俊徳先生

  運動系脳番地トレーニング(毎日できる脳科学体操をマスターしたい人へ)

講師:アクティブ・トレーナー:ブレイン湯澤先生、振付師:TAKEKI先生

  脳アロマ・トレーニング(疲れを取りたい、感覚を研ぎ澄ませたい人へ)

講師:アットアロマ 深津恵先生

  聴覚系・理解系脳番地トレーニング(成績や言語能力を上げたい人へ)

講師:脳の学校 吉野加容子先生

  記憶力・人間力トレーニング(老化を防ぎたい人、夢をかなえたい人)

講師:脳の学校 加藤俊徳先生

 

 

   懇親会

 3月14日(日) 17:30~19:30

 
 講師らとともに脳研究や脳教育について、直接語り合うことができます。
 また懇親会だけのお楽しみイベントも予定しております。

 

トップページ| 

******************************************** 

 当社、脳の学校は、病院ではなく、患者様への診療行為は行っていませんが、健常人でも脳の成長を生涯にわたって促し、たとえ病気をかかえた脳であっても、得意な脳番地を探して脳成長の支援をしております。また、すべてを脳からみて生きる価値、新しい人生観を創造し、脳文化の創造と商品開発サービスを事業としています。

********************************************

お問合せフォーム|TEL/FAX 03-3440-0248(9:30-18:00)|