MRI・えむあーるあい・エムアールアイ脳検査とは

株式会社脳の学校

トップページ>脳の画像診断>MRI検査とは?

MRI(エム・アール・アイ)で分かる事

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)とは、脳の検査装置のことです。
30分ほど横になっているだけで、様々な方向からの脳の画像を撮影することができます。

MRI画像の多くは、脳ドックのように「脳に病気があるかどうか」を見つけるために使われています。

しかし、脳の学校・加藤俊徳医師の独自の脳画像の読影技術により、
MRIの脳画像からご自身の長所や短所などの能力を診断することができるようになっています。

脳から見たビジネスで自分の強みを活かす方法、お子さんの学力を伸ばす方法などのアドバイスや必要となる脳トレの処方の他、発達障害の診断や支援にもMRIの脳画像を活かすことができます。 

   
   
    



 MRI(エム・アール・アイ)検査は、安全な脳の撮影法

脳 mri

 

脳の写真を撮影するカメラ:MRI

どんな人も、過去にデジタルカメラなどで写真撮影をしたことがあるはずです。
子どもの頃の写真、行事で撮った写真、記念写真、風景写真。

いまやカメラはスマートフォンに当たり前のように付いていて、
いつでもどこでも、撮りたいものを写真として、記録できるようになりました。

ここでは「脳の写真って、どうやって撮るの?」の疑問にお答えします。


MRI撮影の様子

撮影に行き、検査服に着替えると、さっそく検査技師の人にいくつかの質問を受けます。

・手術などで体の中に金属は入れていませんか?
・ポケットの中に金属は入っていませんか?
・時計やベルトなどの貴金属類はつけていませんか?
・クレジットカードは持っていませんね?

すべてOKなら、今度は撮影室に入ります。


銀色の分厚い扉を開けると、
携帯電話についているデジタルカメラとは比べ物にならないほど大きな「脳のカメラ」が部屋いっぱいに設置してあります。
撮影するときは仰向けで横になるので、ベッド部分が入り口近くにあります。

そして、そのベッドの頭の部分には、体が通るほどの穴があいたドーナツ状の装置があります。
これがMRI(エム・アール・アイ)。脳のカメラです。

検査技師さんが聞きます。
「閉所恐怖症はないですか?」


これもOKなら、ベッドに寝転びます。

耳栓かヘッドホンをして、体と頭が動かないように固定されると、
ベッドが動いて、ドーナツの中へと入っていきます。

あっと言う間に、頭から腰のあたりまでドーナツ状の筒の中に入りました。

すると、「ビー、ビー、ビー」と工事現場のような音が聞こえてきて、脳の写真撮影が始まります。
それから約20~30分、動かないで寝転がっているだけで撮影は終了です。

撮影が終わると、よくドラマで見る
レントゲン写真のような黒いフィルムに脳の写真が焼き付けられています。


MRI:磁気共鳴画像法は、どうしてドーナツ型なの?

MRIとは、簡単に言うと、磁石によって作られた磁場を利用して生体を画像化する技術です。

磁場というのは、磁石によっても作られますが、電流が流れるワイヤーによっても作られます。
この場合のワイヤーは、ぐるぐると筒型に巻かれ、コイルと言います。
このような磁場を作るのに電流が用いられている磁石のことを、永久磁石に対して電磁石と言います。

このコイルによって作られた磁場の方向を表すのが、中学校の理科でも習う「右ねじの法則」です。

難しいことを並べているようですが、要は、
磁石からできる磁場の中に体を入れて写真を撮っているのです。

MRIの大きな装置がドーナツ型をしていた理由は、このコイルのせいなのです。

MRIは、身体への害・副作用はないと考えられています。
MRIとCT(シー・ティー)では、あきらかに撮影技術が異なっています。
CTは、通常の場合、微量ですが放射線を使いますので病気が疑われた場合にか撮影しません。
しかし、MRIなら、磁石の中に体を入れるだけなので、誰でも何回でも撮影することができます

加藤俊徳医師は、数年前に日本大学産婦人科との共同研究で、お母さんのおなかの中にいる胎児の脳を撮影したことで新聞にも載りました。もちろん、その赤ちゃんの脳には、何の影響も残りません、
それがMRIのすごいところです。


MRIは肩こりに効く?磁石の力

磁石の単位は、ガウスというのが一般的に知られています。
もう一つ、テスラという単位もあります。

絆創膏の内側に磁石が貼ってある有名な商品がありますが、肩こりに効くという、その磁石の強さは100ミリテスラ前後です。

では、脳の写真を撮る磁石の強さはどれくらいか?

病院に設置されている多くのMRIは、1.5テスラです。
最近では3テスラのMRIが設置されている病院も増えてきました。

テスラの強さは特殊なので、ざっと計算してみると、
MRIは、肩こり治療に使う磁石の強さの約225倍もの力を持っています。

200倍の磁石というと、1kgの鉄の塊を吸いつけるか、
200kgの鉄の塊を吸いつけるかの大きな違いです。

MRIがどうして銀色の仰々しい扉で特別な部屋に入れられているかというと、
MRIのドーナツの中の磁場より、MRI装置の周りの磁場が鉄の塊を動かすほど強いので、
磁石によって金属などを引き寄せる磁力を遮断するシールドルームが必要だからなのです。

それほどまでに強い磁力があると、
・腕時計は壊れてしまう、
・クレジットカードも読み取れなくなる、
・体の中に心臓ペースメーカーなどの金属が入っていれば壊れる、
・ベルトやヘアピンなどの金属を持っていると飛んで行ってしまう、
という可能性が高いので、検査前には必ず上記に該当しないか確認をされるのです。

実話として、加藤俊徳医師が4テスラの装置で脳研究していたころ、MRI装置から10メートル以上も離れていた机上では、2センチほどの金属クリップが離れて見えないMRI装置の方向を向いて立ち上がりました。クリップを3つほど触れさせてみると、フックしなくても簡単に繋がりました。
朝、研究所の机に行くと、いつもこのクリップたちが立ち上がって待っているのでした。

これ以上の磁石の話は、物理や数学の話になってしまうので触れませんが、
脳を撮影するデジタルカメラは、このような磁石がつくる磁場によって撮影されているものなのです。


どうして脳のMRI画像が、脳の個性を映し出すのか?

人間の体の70%は水でできていると聞いたことがありますか?

脳の中にも、当然水分があります。
そしてその水分が、個性を映し出す鍵です。

MRIで映し出す水分とは、水素原子核(プロトン)という物質です。
このプロトンを磁化させることで、画像ができるのです。

脳が育つと、形が変わります。
形が変わる場所は、私が脳の枝ぶりと呼んでいる白質(はくしつ)という部分と、
脳番地と呼んでいる皮質の部分が特に変わります。

脳は、脳番地ごとに違った役割を持っているので、
どの脳番地が大きく成長して育っているか
どの脳番地がまだまだ小さくて未熟なのか

脳のMRI画像から細かく読影すれば、その人の得意・不得意能力や性格、生活環境、しいては、今後の方針まで導き出すことができるのです。

>>次へ進む 




MRI脳画像診断を受ける
「加藤プラチナクリニック」のお申込みフォームが開きます


Dr.KATOの脳MRI豆知識

Dr.KATO(加藤俊徳 医師)のプロフィールページを見る

1.MRIでみえるもの

加藤俊徳

ご存じのように、私たちの脳は神経細胞のかたまりです。ところが一言で神経細胞のかたまりと言っても、脳全体が同じ種類の細胞で出来ているという訳ではありません。脳表面だけでも、ある部分にはある種類の神経細胞が多いなどと、見た目や成長段階の異なる神経細胞がいくつかの群れを作って一つの脳を作り上げているのです。

MRIにとってそのような神経細胞はとても小さいので、ひとつひとつの神経細胞の形まで見分けることができません。現在のところ顕微鏡でしかそのグループを区別することができませんが、さすがに頭を開いて生きた脳を見るわけにもいかないでしょう。そこで現在のところ、生きた脳を最も高精度で見ることがきる唯一の機械がMRIと言えます。

脳のMRIで見えるものは何か。それはCTよりも鮮明な画像です。MRIが発明されたことで、それまで明瞭に見えなかった脳の形が、しわの一本一本まで見られるようになりました。さらにMRIでは、脳の中の液体がある場所をはじめ、脳表面の細胞と、そこにつながる線維の部分を明確に見分けることができるのです。

2.MRIで見ることができる脳の枝ぶり

脳 mri

最近のデジタルカメラには白黒で撮ったり、フルカラーで撮ったりと色々なタイプの写真を撮ることができる機能があります。それはMRIも同じで、目的に応じて撮り方を変えることができます。普段私たちが見かけるMRIの画像は白黒の写真のようだと思います。これは、液体部分が白く、脳の細胞部分が灰色、または黒くなるように調節された画像なのです。

特に黒く映っている部分は、主に細胞と細胞を結んでおたがいに連絡が取り合えるようにしている神経線維のようなものです。画像で見ると枝のようになっているのがわかります。そこで私はそのような線維が脳に広がっている様子を枝ぶりに例えています。

3.あなたの脳は何%が健常ですか?

脳のMRI画像をみると、たまに白い点々が散らばっていたり、ある部分が一面真っ白だったり、脳の形が一部分だけいびつだったりすることがあります。普段見られないものが画像に現れると、何らかの不具合があるのではないかと、さらに細かく脳を調べる必要が出てきます。一般の脳ドックでは、このように普段見られない異常な部位があると、あなたの脳は○○という病気になっていますと教えてくれます。

突然そのような事を言われてしまうと、脳全体が悪くなってしまった、と思ってしまいがちですが本当はそうではありません。白くなっている部分や、形がいびつな部分は脳全体から考えると一部分であって、脳全ての具合が悪いということはまずありません。例えば、脳全体の3割だけが調子悪いだけなのに、病名を付けられてしまうと、あたかも10割がダメになっていると言う印象を受けてしまうのです。

もちろん、悪い部分を見つけて治してくれるのが病院ですから、悪くなっている部分が見つかるのは当然と言えます。しかし脳の場合、神経細胞がダメになると基本的に元に戻すことができませんから、悪くなった部分がわかっても何の解決にもならないのです。

問題は、先程の例で言うなら、正常な状態の7割をどう上手く使いこなすかということです。ですが残念ながら残りの7割をどう使えばよいかを教えてくれるところがとても少ないのが現状なのです。自己判断や外見からの推測だけに頼らず、しっかりと脳をMRIで鑑定して意見を聞く脳の画像診断をお薦めします。

>>次へ進む




MRI脳画像診断を受ける
「加藤プラチナクリニック」のお申込みフォームが開きます

 

******************************************** 

脳の学校は、も脳の成長を生涯にわたって促し、得意な脳番地を探して脳を成長させる支援をしております。また、すべてを脳からみて生きる価値、新しい人生観を創造し、脳文化の創造とサービスを事業としています。

********************************************

| 脳の画像診断とは | 独自の診断方法 | MRIとは |
診断の流れ・プラン | 事例・よくある質問 | お申込・お問い合せ |

|TEL/FAX 03-3440-0248(10:00-18:00)|
脳の学校トップページ